読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

インフルエンザの重症化に注意

健康情報

寒い季節になると、風邪をひきやすくなり、インフルエンザかも?と心配になることがありますよね。

普通の風邪とインフルエンザの違いは何でしょうか?

一般的に、風邪は様々なウイルスによって引き起こされますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱があっても、さほど高くはなく、重症化することもあまりありません。

一方、インフルエンザは「インフルエンザウイルス」の感染によって起こり、38℃以上の発熱、頭痛や関節・筋肉痛など全身の症状が急に現れます。

高齢の方や何らかの慢性疾患を持つ方は、肺炎を伴うなど重症化することがあるので注意が必要です。

 

<有効な予防法>

1.流行前のワクチン接種

ワクチン接種を受けた高齢者は、死亡の危険が1/5となり、入院の危険が約1/3から1/2にまで減少することが期待できるとされています。

2.手洗いを徹底する

手についたウイルスを洗い落すことが大事。アルコール製剤による指先の消毒も有効です。

3.咳エチケットを心がける

インフルエンザは、主に、咳やくしゃみによる口からの飛沫によって感染します。自分自身も感染を広げないように気をつけましょう。

f:id:tanabetan:20151104164539j:plain

インフルエンザ(総合ページ) |厚生労働省