新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

#すげえ、スケボー!

東京オリンピックが始まりました。

開催の有無については、いろいろな意見が渦巻き、開会式直前になって、過去の問題点をほじくり返された主要プロデューサー等がその職を去り、開会式では、延々と続くIOC会長の挨拶(バッハの受難曲?)、元首の挨拶に起立しない首相、”不動”の聖火ランナー「ミスターG」等々、それぞれに波紋を広げていますが、兎に角始まったのです。猛暑の下、奮闘するアスリートを応援しましょう。

さて、日本のスケボーが大変なことになっています。男子の金メダルにも仰天しましたが、続いて女子でも、わずか13歳の娘と高校生が金メダル・銅メダルを獲得しました。お台場の、コンクリートの広場と階段と手すりとスロープが設けられただけの、まるで異空間の競技施設での出来事です。

 

思い返せば、1998年(平成10年)に長野で開催された冬季五輪。当時、こぶだらけの急斜面を滑走する「モーグルスキー」は、全国的には知る人ぞ知るといったマイナー競技でした。しかしここで、その後長くモーグルのシンデレラとなる上村愛子が入賞を果たし、何と里谷多英が金メダルを獲るという快挙が起こりました。その時の放送で、解説者は解説というより、専門知識のある応援団のようで、「すげえ、多英!」とNHKの実況放送とは思えないフレーズを発しましたが、これから伸びていくスポーツの粗野な、しかし可能性に充ちたエネルギーを感じたものでした。

 

今回のスケートボードの解説は、往時のモーグルに輪をかけたもので「スゲー」「ヤバイ」「マジ」を連発し、明らかに経験と知識が足りないアナウンサーに「〇〇、スケボーうまいっすね」と同意を求めるに至っては、ナショナルトレーニングセンターに招集されて、科学の粋を極めたトレーニングを受けるメジャー競技等とは異なる、スケボーの野性的な逞しさ、ふてぶてしさを感じざるを得ません。私も初めて、この競技をTV観戦し、街中のコンクリートジャングル(古い表現!)で、高度なテクニックが体の隅々に沁み込むまで、何万回となく傷だらけになりながら練習を繰り返したであろうこの若者たちが、その汗と涙の跡を微塵も見せず、からっと演技している様に「異次元の光景」を見た気がしました。

そういえば「スゲー」の解説者氏も、特段日本人選手に肩入れするでもなく、全ての選手に平等な視線を送っていました。この競技が、国境を超え、若者世代の中でアメーバーのように発展したグルーバルなものであることもよく判りました。「この競技に、国旗掲揚や国歌演奏が馴染むのだろうか」そんな感じさえしました。(T生)

 新現役ネット⇒ https://www.shingeneki.com/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京散歩講座編~東京地名散歩~

第1回「高輪・三田・田町・芝浦」

 「東京散歩」の小林祐一さん(歴史ライター)による講座です。
東京の地名について、その成り立ちや歴史を探り、その土地の歴史スポットや見どころに思いをはせます。

第1回は「高輪・三田・田町・芝浦」
新現役ネットの事務局がある田町駅を中心に、付近に伝わる歴史地名を探ります。

 
文久元年(1861)「芝 田町 高輪 」
(部分)

山手線の駅名でもある「田町」、田町駅の海岸側の地名となっている「芝浦」、同駅の内陸側の地名である「三田」、そして山手線新駅高輪ゲートウェイの駅名の由来となった「高輪」

「芝浦」は古典落語「芝浜」の舞台であり、家電メーカー「東芝」の社名の由来にもなりました。 「高輪」は古い地名ですが、そのエリアは時代とともに変化しました。

知られざる東京の変遷と歴史や地名に親しむ講座です。

 

開催日時:2021年8月5日(木) 14:00~15:30
開催場所:新現役ネット田町会議室またはZoom
参加費:参加正会員:1,000円 準会員:1,500円 一般参加者:1,500円 

※参加には事前申し込みが必要です。

 

 

 

「新しい朝が来た♪」

放送開始から90年あまり。

ラジオ体操は「みんなの体操」としてテレビ放映していますが、なつかしいラジオ体操第一・第二の音楽と掛け声が流れてくると、小学生の夏休みにタイムスリップするような気分になる人は多いのではないでしょうか。

 夏休みには毎朝ラジオ体操に出かけてカードにはんこをもらっていたという経験は、多くの人に共通の思い出ですね。

f:id:tanabetan:20210617134821p:plain

 人間の心臓の鼓動は50~70拍/分台ですが、ラジオ体操もこの点を配慮して終始「力まず」「ゆったりと」と行うことに配慮作成されています。ラジオ体操第一では、90~100拍/分台の範囲で行われ、全身の血液の流れを20~30%程度高める役割を果たしているとのこと。

急激に体の速度を速めることは健康上避けるべきであり、20~30%の脈拍増に止めるようにしているそうです。

奥が深いですね。

毎日体操して梅雨を乗り切りましょう!

 

そしてラジオ体操の歌!みんな歌えますね?
声を出して歌ってみてくだい。ほら、元気出てきませんか。
とってもいい歌だと気づきますよ。

 

「ラジオ体操の歌」

藤浦洸作詞・藤山一郎作曲

 

新しい朝が来た 希望の朝だ

喜びに胸を開け 大空あおげ

ラジオの声に 健(すこ)やかな胸を

この香る風に 開けよ

それ 一 二 三

 

新しい朝のもと 輝く緑

さわやかに手足伸ばせ 土踏みしめよ

ラジオとともに 健やかな手足

この広い土に伸ばせよ

それ 一 二 三