新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

神田周辺・やすらぎグルメ  たまには贅沢にランチ鰻「亀とみ」

前から気になっていた店があります。

日本橋に向かう中央通り、室町4丁目の交差点を右折して少し行き、「室町砂場」がある角を曲がってしばらく、明治17年創業の暖簾を掲げている小体な店「亀とみ」です。ちなみに「亀とみ」の斜め前は、穴子の名店「玉ゐ」です。鰻丼1980円と店前に掲げられており、この場所で明治から続いている鰻屋さん、恐らくまっとうな鰻が食べられるのではないか、と前を通る度に思っていました。さて平日の午後1時少し前頃、入店してみるとテーブル席に4人の先客、あとは空き席。オーダーは鰻丼と決まっているのですが、一応メニューに目を通すと、豊富な一品料理、酒の肴、そして壁際には「而今」とか「飛露喜」といった銘酒の4合瓶が並んでいます。これは夜も楽しそう。

しばらくすると接待ランチらしい二人連れが降りてきたので、二階もあるのだと判りました。先客の四人組は70歳は軽く過ぎた様子の男性客。「浦高が」「大宮高校が」「春日部が」等と飛び交う言葉の端々から推察するに、どうやら埼玉にある中学のウン十年前の同期生らしく、いまや悠々自適の昼酒三昧。一人8000円通しの割り勘を払っていかれました。(丸聞こえなのですから)

そうこうしているうちに鰻丼到着。鰻丼にお吸い物(肝吸いにあらず)、しっかりした歯応えの沢庵をまじえた漬物というセット。鰻のサイズ、こんなものでしょう。ご飯はしっかりと詰められていて、鰻によくある硬めに炊いたご飯ではありません。(私は硬めが好きなのですが)肉厚の鰻ではありませんが、風味がありやわらかくて美味しい。久しぶりにちゃんとした鰻を口にした気がしました。やはり良心的な料金の某チェーン鰻店の鰻とは比べ物になりません。途中からご飯も馴染んできて完食しました。明治17年創業は伊達ではありません。もっと懐を温かくして夜来たら、満足度は上がるでしょう。でもご飯は硬めがいいな。

丁寧なお店の方の挨拶に見送られた約40分の滞在でした。(T生)

「亀とみ」

住所:東京都中央区日本橋室町4-1-13

ランチタイム:11~14時(土・日休み)

神田周辺・やすらぎグルメ 口水(kousui)その2

昨年このブログでご紹介した中華ダイニング「口水kousui」、いままでの担々麺を中心としたランチメニューに、カレーが加わったようなので暫くぶりに訪問してみました。

12時50分頃に訪れて店頭の自販機で「ラーメンと小カレーセット」1000円の食券を買い、ちょうど満席の店内からお客さんが立つのを待ちます。店内に入ると、インド系のスタッフが流暢な日本語で挨拶してくれます。なるほどカレーがメニューに加わったわけが判りました。席の横を見ると「開店二年目を乗り越えたね。常連一同」といったメッセージを添えたミニ花輪が飾られ、いい雰囲気。程なくして先に運ばれてきた小カレー、ネパールカレーです。豆とポークのハーフ&ハーフ。とてもやさしい味です。

一口食べてしまったカレーと中華そば

ラーメンもとても美味しい。麺は少し硬めのストレート麺。あっさりとしたスープ。厚切りのチェーシューと海苔が乗せられ、定番の刻み葱の他にたっぷりとオニオンスライスが入れられていて爽やかな味わい。でもそれだけではないぞ、と探っていると、柚子の千切りが出てきました。これが爽やか風味の正体です。ご飯ものとラーメンのセットですが、程よい満腹感で席を立つことが出来ました。今度はカレー担々麺に挑戦してみようかな。

 

旬彩china口水(kousui)

千代田区神田紺屋町6-3

ランチタイムは 11:30~14:30(日・祝日休)

 

 

~ワイン&チーズ探検隊~「飲み頃ワインを探す」サイト発見!

口にしたワインが、期待とは違っていた、そんな経験はありませんか?
美味しさはもちろん大切ですが、そのワインが飲み頃であるかどうかも重要なポイントです。料理や温度、グラスの選び方など、数々の要素が味わいに影響を与えますが、その中でも飲み頃は特に重要な要素です。


でも、どのワインが今が飲み頃なのか、そんな疑問に答えてくれるのが、「飲み頃ワインを探す」サイトです。リーズナブルなものから高価なものまで、自分の好みに合ったワインを見つけ、今までにないワインライフを楽しんでみませんか?

※新現役ネットでワイン教室を主宰している「サリー」さんからの
ワインやチーズについての情報です。

 

4/25(木)14:00~ 新現役ネットにて講座を開催!

ワインとチーズの旅シリーズ①日本「美味しさ急上昇!日本ワインを日本産チーズとともに味わう」