新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

#面白い本「ペスト」(A・カミュ作 宮崎嶺雄訳 新潮文庫)

昨年から猛威を振るっていたコロナウイルスの罹患数が、国内では急激に減少し、各種規制が解除乃至は緩和されつつあります。「天災は忘れた頃にやってくる」という寺田寅彦の警句は、姿かたちを変えて襲来する感染症にもまさしく然りで、それが昨年来『ペスト』が世界的なベストセラーとなった所以でもあります。フランスの作家アルベール・カミュの代表作『ペスト』が、デフォーへの献辞で始まるように、ロビンソン・クルーソーの作者、ダニエル・デフォーにも同名の小説があり(中公文庫)、この本もよく売れたそうです。両作の大きな違いは、デフォー作『ペスト』が17世紀半ばのロンドンでのペスト大流行を題材としたノンフィクションノベルであるのに対し、カミュの『ペスト』は完全なる創作作品であることです。

f:id:tanabetan:20211119150003j:plain

私たち60・70歳代がまだ青臭き頃、カミュやサルトルといった実存主義作家の作品を読むことが、一種の通過儀礼でした。カミュといえば『異邦人』ですが、今回久方ぶりに再読した『ペスト』も読み応えのある大作でした。この迫真的な描写の全てが、カミュが創り出したものがたりとは、とても思えません。しかし一方、主人公リウー(医師)をはじめとする主要人物、周辺の登場人物などを周到にちりばめた群像劇として見れば、テーマを抽象化し再構成した見事な創作品であるとも感じます。

舞台はフランスの植民地であるアルジェリアのオラン市。或る日、市内にネズミの死骸が見かけられるようになることから、この戦慄のものがたりは始まります。明かなペストの流行にもかかわらず、現実から目を背けようとする医師会長に代表される官僚たち、やがて断行される都市封鎖、市民による衛生隊の活動、病床の逼迫、治療の絶望的な限界等々。まるで昨年来のコロナ禍を見通しているかのような描写が続きます。そして「不条理」というテーマに欠かせない、神と人間との対立。

『ペスト』が書かれた時期は第二次大戦中、フランス及びその植民地はナチス・ドイツの占領下でした。社会一面を隈なく覆うペストがもたらす災禍は、レジスタンス運動に身を投じたカミュにとっては、ナチスがもたらす死と圧制への恐怖や怒りと同様のものだったと思います。先の虎田寅彦の警句のように、災禍は或る日、頭上を覆いつくしているかと思えば、突如として終息を迎えたりします。やがてペストが去り、町が解放され、歓喜に沸く人々を見つめながら、この小説は有名な次の一節で終わります。「ペスト菌はけっして死ぬことも、消滅することもない。‥‥寝室や地下倉庫やトランクやハンカチや紙束のなかで忍耐づよく待ちつづける。そして、おそらくいつの日か、人間に不幸と教えをもたらすために、ペストはネズミたちを目覚めさせ、どこか幸福な町で死なせるために送りこむのである。」

これは、今回私たちが経験した感染症の蔓延についても、あちこちで起こりつつある自由への迫害や様々な差別、地球環境改善への各国の”不条理”な対応、などに対しても、等しく向けられたメッセージと読み解くことも出来ます。(T生)

#素敵な「人生相談」

週末の新聞各紙には、本紙のほかに別紙(第2部)がつきます。私が購読している日経新聞にも第2部があり、土曜日版に掲載される人生相談(「なやみのとびら」)を、私は毎回楽しみに読みます。回答者が美村里江さんの回は特に。美村さんは、嘗てミムラという芸名でした。約20年前のデビュー以来、決して派手ではないけど、着実なキャリアを積み重ねている美しい女優です。その彼女の回答ぶりが、誠実でやさしくて、ユニークでありながら説得力がある、そんな毎回感心させられる内容なので、読んでいるこちらの心も癒されることがあります。

f:id:tanabetan:20211102234852j:plain

10月30日の相談内容は、10代女性から「小学生の頃は大好きだった父だが、最近不快に感じることが多い、思春期だからしょうがない?また父が好きになれるでしょうか」というものでした。余りにありふれた内容で、先日問題になった某ワイドショーのような、やらせ質問でないことを祈りますが、さて皆さんは、これにどう応えるでしょうか?

美村さんはまず褒めます。「いい娘さんですねぇ。客観的な視点もあり、思いやりも感じます」と。そして「お父さんが嫌いになる思春期」について、ホルモンの変動から説明していきます。思春期のイライラは、ホルモンの分泌量が安定すれば落ち着くので安心してください。ここまではごく普通の説明ですね。そのあと、思春期におけるホルモン分泌に関して、最近の学説を説明します。いわゆるインセスト・タブー、近親相姦のリスク回避のため、兄や父といった家族内異性の香りや言動を嫌避するようになっているそうだと。だからあなたは正常です。近親結婚を繰り返して衰退した名家があるから、世界史の授業で出てきたら調べてみたら、などと。

さらに、思春期という生物学的な時期を過ぎ、女性が大人になった時、お父さんと気が合わないこともあり得る。それは人間同士の相性の問題だから、独立した大人として快適と思われる距離感を探ることも大切。以上が彼女の回答概要です。

すばらしい回答だと思いました。相談者に寄り添いつつ、彼女が客観的視野や思考を持つように誘導していくやり方が見事です。人生相談とは、相談者が投げかける素材に回答者がどう向き合うか、実は回答者の資質や人生観が試されている場面なのですね。(T生)

 

新現役ネット⇒ https://www.shingeneki.com/

 

 

 

 

#面白い本 「芸と道」(松岡正剛著・角川ソフィア文庫)

~「千夜千冊」を大幅加筆修正した「千夜千冊エディション」の中の一冊~

世の中に「知の巨人」と称される人たちがいます。古くは熊方南楠、先ごろ亡くなった立花隆もそう云われていたと思います。現存する日本人の中の「知の巨人」候補の筆頭は、松岡正剛ではないかと私は前々から思っています。松岡の肩書に「編集工学研究所所長」があり、彼のホームグラウンドは書籍をベースとした編集工学です。書籍をベースにした彼の守備範囲は膨大で、その成果の一端が、1700冊以上の古今東西の書籍を網羅したブックレビューアンソロジー「千夜千冊」です。

角川ソフィア文庫から出ている「千夜千冊エディション」は、「千夜千冊」を再構成したシリーズで、ずいぶん手に取りやすく読みやすくなっていますが、各冊平均400ページの読みごたえがある文庫本です。今回ご紹介する「芸と道」は、芸をモチーフとした研究書・論文・小説・エッセイ・芸談・自伝などを幅広く扱っています。シリーズの中から、どのページを開きどの記述から読み始めてもいい、比較的気楽な一冊を選んでみました。

f:id:tanabetan:20211102222547j:plain

「知の巨人」の膨大な領域の中でも、「芸」は松岡の得意分野です。彼は1944年、京都の呉服屋(本人は悉皆屋という古風な言い方をしています)に生まれ、父親は戦後、苦労の中で亡くなったようですが、いわゆる「旦那衆」に属する粋人でした。その父の影響を、松岡は隠すことなく有吉佐和子「一の糸」や武智鉄二・中村雀右衛門を語るくだりで、懐かし気なエピソードとして披露しています。そうかと思えば林屋辰三郎「歌舞伎以前」(岩波新書)を称賛する記述内容の濃さは、ほぼ研究者の目線です。

この本では、「寄席や役者や」の章で、桂文楽や米朝、森繁久彌、伴淳(伴淳三郎)、三木のり平、山崎努などが採り挙げられています。「芸の本質を射抜く達人」とも、「レベルの高いディレッタント」とも見られがちな松岡が、私たちと同じように「ファン」としての素直な側面を持っていることが、特に森繁の項に現れていてちょっと嬉しくなります。しかし関西落語復興の祖で、晩年は文化勲章を受ける桂米朝に対し「残念ながら落語は名人とはいえない」という、鋭い一言も忘れてはいません。

父親が持つ”旦那の目利き”から受け継いだコア・コンピタンスは、浄瑠璃と豊後節だそうですが、そこからパンクロックにまで領域拡大した懐の深さは、やはり知の巨人の一端を示すものなのでしょう。(T生)