読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

【シニアヒストリー】齋藤茂樹さん(2)5年間をかけ、全国103社の一宮をめぐって書いた本

会員紹介

新現役ネットの正会員である齋藤茂樹さんが『珠玉の「一宮」謎解き紀行―全国津々浦々に鎮座する一〇三社を巡る―』を出版されました。その本の内容について伺います。

 昔は、日本国内に68の国があり、それぞれの国で一番社格の高い神社を一宮と呼んでいました。となると、少なくとも68の一宮があり、さらには1つの国に2つ3つと一宮がある場合もありますから、全国の一宮の数は100を超えます。

人によって解釈の違いがあり、若干総数が異なりますが、私は103社を一宮とし、5年間(2009年8月~2014年8月)をかけて北は北海道から南は沖縄までの神社をめぐりました。この本では、その一宮めぐりの全37回の旅の記録をまとめています。

神社の祭神や社殿形式、自分なりに掘り起した由緒など、読者の知的好奇心をくすぐる情報を盛り込みながらも、パッと気軽に読めるよう、現地の観光や宿、食などについても触れ、紀行文的に仕上げています。

 

f:id:tanabetan:20150930160047j:plain

 

(齋藤茂樹さんプロフィール)

 1946年東京都生まれ。自動車部品製造会社役員を退任後、「NPO法人 新現役ネット」の講座で古事記を学ぶ。それをきっかけに全国の一宮をめぐり、本を上梓。