新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

仲間と金時山登山

4月14日、5人の仲間と金太郎伝説が伝わる箱根の金時山(1212m)に登った。

天気が心配配されたが、午前中は晴れ間が出て風もほとんどなく山歩き日和

となった。10:05、国道138号線から少し山側に入ったところにある「金時山登山

口」をスタートし途中の矢倉沢峠に1025分頃到着。久々の山歩きではあったが、

ここまでハイペースで登って来て少し息切れ気味。とはいえ、ここからが本番で

急な登りや岩場が多く、コースに沿って所々に張られているロープを使わないと

体を持ち上げられない箇所もあり、初心者コースと言われているが結構難度は高い。

3年前に登った時はこんなにしんどいとは思わなかったが体力が落ちているという

ことか。下りてくる登山者に「もうすぐ頂上ですよ」と励まされながら踏ん張って

1130頃頂上に到着。頂上は、茶屋2軒、公衆トイレもあり多くの登山者で賑わって

いた。Happy Birthdayというバナーを掲げてお祝いしている山ガールグループも

いて周りの登山者から祝福されていた。こういう誕生祝いもいいですね。

天気が良ければ富士山の絶景を楽しめるのだが、あいにく雲が出て拝めなかった。

芦ノ湖は良く見えた。記念写真、食事を含めて40分程滞在し12:10頃に下りスター

ト。20分程下ったところにある「公時神社分岐」で右の公時神社ルートを取り、

13:35頃ゴールの「公時神社入口」に到着。その後、仙石バス停からバスで箱根湯本

まで下り、「弥次喜多の湯」で汗を流した後近くの寿司屋で喉を潤して帰路につい

た。結構歯応えのある山歩きであったが、頂上の茶屋には、1000回、3000回更には

5000回登頂記念の札が下げられており長年散歩のように登っている人たちがいる

のだなと感心した。健康寿命を伸ばすには適度な運動が必要で坂の上り下りがいい

と聞いており、山を下りた後の爽快感が心地良いのでこれからも定期的に山歩きを

しようと誓った。

f:id:tanabetan:20180418174042j:plain

(事務局:TARO)

大人の好奇心「春うらら・幇間芸を料亭で楽しむ」(4/12)

春まっさかりの4月12日、赤坂の料亭で幇間芸とお食事を楽しみました。

幇間(ほうかん)芸とは江戸時代を中心に花開いた、日本の大衆芸能(歌舞伎・寄席芸・音曲舞踊など)をベースに、洒脱で、艶っぽいお座敷芸です。現在は非常に少なく、数名の師匠がかろうじてその芸を引き継いでいるだけ。 「幇」は助けるという意味で、「間」は人と人との間、すなわち人間関係を表す意味。この二つの言葉が合わさって人間関係を助けるという意味になります。多彩な芸で見せ、笑わせながら楽しく宴会の席で座を華やかに盛り上げる技量が見せどころ。

今回は悠玄亭玉八師匠をお招きしました。

三味線はもちろんのこと、扇子や手ぬぐい、そして屏風を使ってお客を楽しませます。最後は賑やかな手踊り「かっぽれ」で〆となりました。

f:id:tanabetan:20180413162530j:plain
f:id:tanabetan:20180413162548j:plain
f:id:tanabetan:20180413162618j:plain

めったに出会うことがないこの「幇間芸」で、会員皆さんも楽しく盛り上がり、その後は2部屋に分かれて、美しい料亭の昼食をいただきました。

f:id:tanabetan:20180413163048j:plain
f:id:tanabetan:20180413162654j:plain

 

 

 (事務局hana)

 

 

「伝統芸に触れる 幇間とお座敷芸」セミナーに参加して

新現役ネットのイベントで、今週、「春うらら・幇間芸を料亭で楽しむ」を企画しているが、たまたま、先週末、三田図書館で開催された「伝統芸に触れる 幇間とお座敷芸」というセミナーがあることを知り参加した。幇間は、お座敷で遊ぶ旦那衆と芸者の間をつなぎ座敷を盛り上げるという江戸時代から続く男性の仕事だそうだが、俗称で太鼓持ち(タイコモチ)、男芸者などと呼ばれ、世間一般で使われるときはあまり良い意味ではない。それだけに実際の芸はどのようなものか興味があった。当日定員60名の視聴覚ホールは満席。講師は、浅草の幇間 櫻川米七師匠。先ず幇間の歴史や太鼓持ちの語源についての座学があり、その後、お座敷芸の“かっぽれ”、“どうぞ叶えて(若い娘とおばあさんを演じ分ける)“、屏風芸、百面相、小唄などの実演があった。仕草や羽織り、手ぬぐい、扇子などの使い方が面白く観客の笑いを誘い、小唄の中には、宴会の余興で使えそうなものもあった。また、観客に参加して貰うお座敷ゲームもあり会場は大いに盛り上がり充分に楽しむことができた。伴奏の三味線のお姐さんも粋で、唄声が色っぽく魅力的だった。

昔は500~600人いたという幇間も、現在はお座敷も減りたったの6人しかいないとのことで将来が危惧されるが、最近は若手の幇間も育っているらしく何とか生き残ってほしい伝統芸だ。

(事務局:TARO)