新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

江戸時代にタイムスリップ!名古屋・有松地区を歩く

4月16日、快晴の東海地方。新現役ネット東海エリアで本年最初のイベントは、名古屋から名鉄で約20分の近郊にありながら、江戸時代そのままの町並みが残る、有松町の街歩きでした。参加者は、わたしたちスタッフを入れて18名、東京から5名、大阪からも2名が参加してくださいました。

 

駅に集合してから、「有松・鳴海絞会館」に行き、全国的に有名な有松絞りの作業体験をしました。布地に記された点線に沿い針で縫い進めていくだけですが、これが大変!女性陣でさえ針仕事は何年ぶりという方が多く、男性に至っては、針で指を傷つけ「血染めの絞」という迫力あるハンカチに仕上がりそうな人も。

f:id:tanabetan:20190418165424j:plain

食事は和食「やまと」で。ここも元絞問屋の旧家をお店に直したもので、その風情を感じつつ大変美味しい和食膳をいただきました。再び絞会館に戻り、地元のボランティアガイド(あないびと)お二人に連れられて、有松の町並みを散策しました。有松地区は、もともとは桶狭間村の郊外にあった一帯を、慶長年間に人を移住させて拓いた地区。現在でいえば「特区」のような扱いを受け、家の間口の広さによって徴収される税が免除されたそうです。そのため、保存地区に連なる家々の間口はどれも広く、堂々たる街並みを形成していました。街歩きの最後には、地元の名家「竹田家」に入れていただき、応接間や大座敷、勝海舟の書や豪華な有松絞の着物などを見せていただきました。

f:id:tanabetan:20190418165553j:plain

東海地区のイベントはこの「有松街歩き」をはじめとして、9月下旬頃に知多半田(半田市)で、彼岸花と運河、ミツカンミュージアム等を見学する企画、そして12月頃には伊勢・松阪を訪れ、街並みと松阪牛を楽しむ企画を現在計画中です。これに加え夏休み時期にも、何か東海エリアの魅力を味わっていただける企画も検討中です。その都度、新現役ネットのホームページやメルマガでご案内します。どうぞお楽しみに。  (T生)

週末ウォーキング~横浜みなとみらい

先週の土曜日午後、みなとみらい線の馬車道駅で降り、赤レンガ倉庫から臨港パーク経由横浜そごうまでウォーキングした。所要時間は約2時間。この周辺は各種商業施設や開港にまつわる歴史建造物などの観光スポットが多く、海にも面しているので歩いて楽しく気持ちの良いコースである。

f:id:tanabetan:20190416184609j:plain

 チューリップガーデン越しの赤レンガ倉庫。この日は「台湾祭」が開催されており大変な賑わいだった。

 

f:id:tanabetan:20190416184645j:plain

大桟橋と大型フェリー

 

 f:id:tanabetan:20190416184737j:plain    f:id:tanabetan:20190416190554j:plain

ヨットの帆の形を模したヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの横を通る海沿いの遊歩道

 

f:id:tanabetan:20190416185938j:plain

 カップルや家族連れが日光浴を楽しむ臨港パーク


この日の最高気温は18℃程度だったが晴れていたので歩くと汗ばむ陽気だった。

春爛漫!

 

(事務局:TARO)

 

JR田町駅に「なまはげ」出現!

外出企画からオフィスへ戻る帰り道、田町駅の階段をあがると駅構内が何やら賑やかな雰囲気。見ると突如あらわれた「なまはげ」が、和太鼓を披露するところでした。通りがかりの外国人旅行者もビデオを取り出し撮影を始めるなど、周囲はあっという間に人だかりに。

f:id:tanabetan:20190414045432j:plain

f:id:tanabetan:20190414045459j:plain

向こう側に見物の人がいないため、臨場感が今一つの写真ですが、写っていない手前にはたくさん人がいます。

f:id:tanabetan:20190414045554j:plain
写真撮影に応じる「なまはげ」ペアも! 撮影お願いしましたよ~。

赤い法被をきたお兄さんから、秋田県のPRチラシを受け取って改札をでました。秋田県に行ってみたくなりました。

 

(事務局:ふな)