新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

キャンパスツアー「樹齢100年の大木に輝くクリスマスイルミネーション」

立教大学は、1874年にアメリカ聖公会の宣教師チャニング・M・ウィリアムズ主教が設立した、聖書と英学を教える私塾「立教学校」から始まりました。校章の楯の中には「PRO DEO ET PATRIA」という言葉がラテン語で書かれ、その意味は「神と国のために」とのことです。

今回クリスマスシーズンのキャンパスツアーとして、事務局の立教OBご案内のもと、立教大学池袋キャンパスにおじゃましました。

◆日程:令和元年12月18日水曜

◆行程:立教大学正門前集合 ⇒ メーザーライブラリー、本館(モリス館)、チャペル(諸聖徒礼拝堂)、鈴懸の径、灰田勝彦さんの歌碑 ⇒ セントポール会館でランチ ⇒ 江戸川乱歩旧邸見学 ⇒ 灯がともったヒマラヤ杉のツリー見学 ⇒ 解散 

f:id:tanabetan:20191217201007p:plain

ツタと赤レンガのコントラストが美しい本館(モリス館)は、東京都の歴史的建造物にも選ばれた大学のシンボルです。からまるツタは、左右で種類が異なり、正門からみて時計台右側はキヅタ、一年中緑色をしている種類です。左側は目白の自由学園から移植されたナツヅタとのことで、見学時には葉を落とした姿が見られました。

本館のナツヅタには「入学後、葉が枯れるまでに恋人ができないと4年間ずっとできない」というジンクスがあるそうです。

チャペルでは、ちょうどパイプオルガンの演奏練習をされていて、荘厳な音色にしばしうっとり聴き入る時間となりました。

イルミネーションの灯ったヒマラヤ杉をみあげ、キリスト教の大学ならではの、静粛なムード漂うクリスマスを味わうことができました。


ご参加の皆さま、ありがとうございました。

f:id:tanabetan:20191219221845j:plain
f:id:tanabetan:20191219221752j:plain
f:id:tanabetan:20191219222123j:plain
f:id:tanabetan:20191219222236j:plain
f:id:tanabetan:20191219222334j:plain

 

(事務局:ふな)