新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

旧前田侯爵邸 洋館・和館

旧前田家本邸は、加賀百万石として知られる旧加賀藩藩主 前田本家の第16代当主 前田利為(としなり)が自邸として昭和初期に建てたもので、現在その敷地は目黒区立駒場公園となっています。昭和4年(1929)および昭和5年(1930)に建てられた洋館と和館は公園内に現存しており、幾度かの保存整備工事を経て、昨年10月から2年振りに見学が再開されました。

■見学日:令和元年10月3日木曜

■行 程:京王井之頭線「駒場東大前駅」西口改札集合 ⇒目黒区立駒場公園到着後、2班に分かれ、洋館と和館をそれぞれ見学⇒ 昼食

1万坪の敷地に地上2階/地下1階の洋館と、これを渡り廊下で結んだ2階建ての純日本風の和館には、当時使用人も100名以上、東洋一の大邸宅と評されたそうです。

*「旧前田家本邸」は、平成25年(2013)に国の重要文化財の指定を受けています。

f:id:tanabetan:20191008003754p:plain

スクラッチタイルの壁と張り出した車寄せ、とんがり屋根が印象的な洋館は、1階が晩餐会などを行なう社交の場で、2階は家族の生活の場でした。洋館の南には広大な芝庭が広がり、天井のシャンデリアや各部屋の暖炉などは、ほぼ当時のまま、華麗な侯爵家の生活を偲ばせています。

f:id:tanabetan:20191008005302j:plain
茶室も備えた和館では、待合所や水屋の杉戸に描かれた四季の花画が彩色もきれいに残っていました。付書院の一枚板も大変に見事でした。

上の写真は和館2階を撮ったものです。窓からは築山と流れに囲まれた庭園を望むことができ、池を泳ぐ立派な鯉には歓声があがりましたね。

第二次世界大戦後は連合軍に接収され、リッジウエイ連合軍最高司令官の官邸となったことなど、洋館・和館、それぞれ1時間ずつボランティアガイドの方の説明を受けました。

見学のあとは隣接する東京大学駒場キャンパスの敷地にあるカジュアルなフレンチレストランで昼食を取り、流れ解散となりました。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

 

(事務局:ふな)