新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

迎賓館赤坂離宮とフレンチ昼食

四谷見附の交差点から南側をのぞむと壮麗な西洋宮殿がみえます。国賓や公賓をお迎えするこの「迎賓館赤坂離宮」は、 平成28年から一般公開が始まりました。

今回の新現役ネット見学会は、平成29年2月から約2年に及んだ「朝日の間」のリニューアル工事終了を記念した『朝日の間特別展』の開催期間(7/4~9/10)に実施しました。

日時:令和元年7月16日火曜

行程:JR四谷駅赤坂口10:00集合 ⇒迎賓館赤坂離宮本館・主庭・前庭を自由見学 11時45分再集合 ⇒フレンチ昼食『オテル・ド・ミクニ』 12時15分~ ⇒食後解散 

f:id:tanabetan:20190816164524p:plain

かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があったこの場所は、明治を迎え皇室に献上されました。そして明治42(1909)年、のちの大正天皇の東宮御所として、片山東熊の総指揮のもと日本で唯一のネオ・バロック様式の西洋宮殿が建てられました。完成時に明治天皇から「豪華すぎる」との評価を受けた東熊は気に病み、その後病気がちになってしまったそうです。太平洋戦争後は国に移管され、昭和49(1974)年に迎賓館として生まれ変わりました。

f:id:tanabetan:20190816165846j:plain

上の写真がリニューアルした朝日の間です。リニューアル前の絨毯やカーテンなどを実際に触れられるコーナーがあり、その触り心地に卓越した技術を実感し驚きました。

迎賓館赤坂離宮は、建物の細部から調度品にいたるまで、まさに贅を尽したという表現がぴったりくる素晴らしい場所でした。

見学後は、歩いてフレンチレストラン『オテル・ド・ミクニ』へ。三國シェフからメニューを説明いただき嬉しかったですね。

当日はあいにくの空模様でしたが、ご参加の皆さまのご協力のおかげで、自由見学後の集合やお店への移動もスムーズでした。ありがとうございました。

 

(事務局:ふな)