新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

キネマスキーの<たかが映画 されど映画>      その13━B級映画の傑作「カメラを止めるな」の奇跡

 このところ、映画ファンの間でインディーズ作品「カメラを止めるな」の話題が飛び交っている。新人監督、無名俳優による低予算映画で単館上映されたが、またたく間に行列をなすヒット作となり、ロングランロードショーとなった奇跡のような作品。

37分間のプロローグがノーカット生放送用に製作されたB級ゾンビ映画で、のっけから意表を突かれる。入子細工のような多重構造のプロットと、お目にかかったこともない役者たちが実に緊密に動き回る。映画でなければ表現できない虚実の時間と空間に我を忘れて取り込まれ時を忘れた。こんな映画的興奮は20年以上前に観たタランティーノの「レザボア・ドッグス」以来といっていい。

どうにも撮影過程が気になって仕方がなく日をおかず三回も観たが、プロローグで示された様々な映像的な伏線がものの見事に回収されており、脚本の緻密さと名もなき役者・スタッフたちの奮闘振りに感服。 

試しに、日頃アニメーション映画にしか興味を示さない9歳の男の子を連れて行ったところ、「めちゃ面白かった!」と。「面白くなくっちゃ映画じゃない!」という映画の原点を思い起こさせてくれた上田慎一郎監督に改めてエールをおくりたい。

 

<キネマスキーのプロフィール>

年齢・国籍不詳。「単館荒らしのキネマスキー」を自称し、余り世上に上らぬマイナーでおタクな映画世界の徘徊者。7年ほど前から、NPO法人新現役ネットの映画講座「シネマの迷宮」を主宰。

*新現役ネット映画サロン「シネマの迷宮 この映画知ってる?」

    日時:毎月第一土曜日 13:30~

    場所:NPO法人新現役ネット田町会議室(JR田町駅三田口至近)