読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

曹洞宗大本山總持寺 諸堂拝観と精進料理

活動報告

台風10号が去り、さわやかな青空が広がった8月31日(水)、新現役ネットの外イベントとして、「曹洞宗大本山總持寺 諸堂拝観と精進料理」が行われました。

会員28名、スタッフ2名がJR鶴見駅西口に集合し、総持寺へ向かいます。

f:id:tanabetan:20160901110308j:plain

駅から徒歩10分ほどで到着。

広大な敷地には緑の木々がそびえ、大きなお堂が建ち並びます。

香積台(総受付)で受付をし、まずは修行僧の説明を聞きながら境内のお堂をめぐる諸堂拝観へ。

f:id:tanabetan:20160901110320j:plain

長い直線が続く百間廊下。修行僧たちの雑巾がけで磨き上げられてピカピカです。

f:id:tanabetan:20160901110331j:plain

修行僧が寝起きする大僧堂の説明を受けている様子。修行僧は、ここで起きて半畳寝て一畳の「単」というスペースをもらい、自分に割り当てられた寺の仕事をこなしながら、修行や生活をしているそう。

f:id:tanabetan:20160901110343j:plain

 大祖堂。千畳敷の広い堂内で朝晩のお勤めやいろいろな儀式が行われます。

f:id:tanabetan:20160901110614j:plain

総檜造りの大書院・紫雲臺(しうんたい)。禅師様との接見の間。襖絵が見事です。

f:id:tanabetan:20160901110422j:plain

諸堂拝観のあとは、精進料理をいただきます。修行僧に倣って五観の偈を唱え、お椀のふたや箸の置き方を教わり、食べ終わった後は、お茶とお漬物で茶碗をきれいにします。こうして食事のありがたみを感じ、穏やかに会は終了しました。

 

都心からも駅からも近いところに、こんなに広く大きなお寺があることに皆さん驚いていたようです。夏の終わりに少しでも禅の教えに触れ、良い体験ができたのではないでしょうか?

ご参加の皆さんお疲れ様でした。