読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

早めの水分補給で熱中症予防

健康情報

東京は、梅雨の終わりに涼しい日が続いていましたが、これから気温が上がって夏本番となります。そこで、気を付けたいのが、熱中症です。

熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。

高齢者は、暑さや水分不足に対する感覚機能、暑さに対する体の調整機能が低下しています。

のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給をし、暑さを感じなくても室温や外気温を調べて、温度調節するようにしましょう。

  f:id:tanabetan:20160727151918j:plain

◆めまい、立ちくらみ、気分が悪いなど、熱中症かな?と思ったら…

涼しい場所に移動し、衣服をゆるめて、体を冷やします。(特に、首のまわり、脇の下、足の付け根等)そして、水分・塩分、経口補水液などを補給します。

もし、熱中症が疑われる人を見かけたとき、自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

参考:厚生労働省HP