読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新現役!シニアわくわくブログ

シニアに役立つ情報や新現役ネットの活動について発信していきます。

静かな環境で美術鑑賞!静嘉堂文庫美術館

スタッフの日々 事務局からのお知らせ

駅から少し遠いけれど行ってみたい美術館があります。

静嘉堂文庫美術館もそのひとつ。

二子玉川駅からバスで約10分。住宅街にありながら、緑豊かな環境です。

f:id:tanabetan:20160607134357j:plain

敷地が広いので、正門から美術館まで、緑に囲まれた坂道を上ります。

f:id:tanabetan:20160607134424j:plain

視界が開けると、そこに静嘉堂美術館(左)と静嘉堂文庫(右)があります。

f:id:tanabetan:20160607134523j:plain

静嘉堂は、岩﨑彌之助(三菱第2代社長)と岩﨑小彌太(三菱第4代社長)の父子二代によって設立され、約20万冊の古典の書に6500点の東洋古美術品を収蔵しています。中には国宝や重要文化財も多数あります。

当日は、「よみがえる仏の美~修理完成披露によせて~」(4/23〜6/5)の展示が行われていましたが、運慶の作ではないかと注目を集める「木造十二神将立像」のうち4軀や重要文化財の「普賢菩薩」などが、どのように修理されたのか等の説明とともに修繕後の作品が展示され、興味深い内容でした。

日本に3椀しかないという国宝「曜変天目」(茶碗)も見ることができました。

 

静嘉堂文庫美術館は、以前、新現役ネットのイベントで伺ったご縁で、招待券を頂くことがあります。メルマガ読者へのプレゼントとさせていただくこともあるので、要チェックです。 

※メルマガは、新現役ネットへの会員登録で、毎週木曜日にお届けします。

NPO法人新現役ネット

 

(事務局・ミイ)